電気機器

コピーサービス

事務所のテーブル

昔撮った8mmテープやVHSテープが見たいけど、再生機器がないという方は以外に多いと聞きます。現在では、ブルーレイプレイヤーが主流となっております。ブルーレイプレイヤーはDVDも再生できるため、DVDであれば問題がありませんが、VHSテープや8mmテープなどであれば、再生機器が必要となります。現在では、そのようなメディアを再生する機器は、家電量販店においていることがないため、インタネットなどで購入するなどの方法が考えられますが、金額もそれなりにしますので、DVDコピーサービスに頼むことをおすすめします。DVDコピーサービスの料金は、枚数や時間によって料金が異なりますが、1万円を超えることは、ほとんどありません。

以前は、そこまで重要にされていなかったDVDコピーサービスですが、今後については、さらに需要が高まると考えられます。ちょうどビデオカメラが民間で出始めて30〜40年ほどになり、昔撮った映像が見たい方なども増えてくるかと想像ができます。例えば、婚礼で考えていくとちょうど結婚式のビデオというものが、世の中に出回ったのがこの時期だと考えられます。50〜60代の方は、昔の結婚式の映像はVHSテープでの納品だと考えられます。その世代に挙げた方々にとって結婚式の映像をみようと思うとVHS再生機が必要となります。しかしながら、その機材がないために、DVDコピーサービスを使用しなければむずかしいと考えられます。今後はこのDVDコピーサービスの仕事に期待がかかります。